「ユキちゃんと僕」について思うこと


 

COMICOで既に完結している「ユキちゃんと僕」について思うところを書きます。

※このBLOGは基本的に漫画については「応援」という姿勢(応援したくない漫画はとりあげない)です。

なお、作者の杏蜜さんは現在「ユキちゃんに伝わらない」という作品を公式連載されています。

私が話題にしたいのは「ユキちゃんと僕」、ベストチャレンジというCOMICO公式連載とは違うアマチュア作品のカテゴリーの中にあります(公式に作品が移るとベストチャレンジからは消されてしまうものらしいですが、平成28年1月22日現在まだ閲覧できます)

なぜ話題にしたいかと言うと「好きだから」です。

 

さて「ユキちゃんと僕」が公式化されるにあたって

第17話(最終回)「いつになったら気づくんだ」の作者コメント

>2015.11.04 気づくという普通の漫画なら4コマで終わるような~(中略)

>当面こちらに更新することはありません。公式もベスチャレもどうぞよろしくお願いします!!!!!!!!

と書いてあるんですが

これを読んだら普通の解釈では

公式連載だけじゃなくて、「ベストチャレンジのユキちゃんと僕」も続くんだな、と思うのがあたりまえだと思います。

実際多くのファンはそう思いました。

17話の次は「お知らせ」で

「公式連載させていただくことになりました」と書いてあります。

また公式は「方向性とテンションが変わる」という意味のイラストも描かれています。

そして更に次(17話(最終話)の次の次)に「お詫び」が載せられます。

>(中略)最後にto be continuedを入れてしまったことで

>公式でもこの雰囲気のまま話が続く、と誤解されるような表現をしてしまい申し訳ございませんでした。

>※第三回comico DEBUT CUPでの受賞をきっかけに

>お声がけしていただき、公式作家になりました。

>未熟な点も多々ありますが、改めて「ユキちゃんに伝わらない!」をよろしくお願いいたします。

>2016.1

とあります。

comico DEBUT CUP というのは作者の杏蜜さんが「残像クライシス」という作品で賞を取ってるんですよね。

つまり”「公式作家になったのは残像クライシス」が評価されたからで「ユキちゃんと僕」が評価されたわけではない。”と暗に言いたいのだと思われます。

 

なぜ作者・杏蜜さんが「お詫び」をしないといけなくなったかと言いますと

”「ユキちゃんと僕」という少女漫画チックなラブコメ作品が公式へ昇格したら「ユキちゃんに伝わらない」というタイトルへ変更になって、ギャグ漫画に変わってしまった”という嘆き・・・ベストチャレンジのファン達は嘆き悲しんで「ユキちゃんと僕」「ユキちゃんに伝わらない」のコメント欄に悲しみをぶつけました。

当然炎上状態です。

「ベスチャレベスチャレうるさい!」と何度新作(ギャグ漫画)のファンに注意されても止まりません。

ベスチャレ「ユキちゃんと僕」のファンを擁護しちゃいますが、それだけ良い作品だったんです。

私が知ってる限りではCOMICOのラブコメの中ではTOP5くらいには入るんじゃないでしょうか?

私(おっさん)の感性ではReLifeというcomicoの一番人気作品と比較しても遜色ないです、ハイ。

・・・というのが経緯なんですが、私も大人なのでここからはややCOMICO運営よりの意見になっちゃうかな。

まずベスチャレ(素人)時代の作者・杏蜜さんは「ユキちゃんと僕」を続けたかったんじゃないかと思います。

17話の作者コメントからは続けようと思ってたようにしか見えません。

そしてこのベスチャレって制度は「原稿料無し」の制度みたいです。

運営側からしても、作家さんが趣味で(無給で)「続けたい」と言ってるものを止めることもできないのではないでしょうか?

そして杏蜜さんは

>当面こちら(ベスチャレ)に更新することはありません

と、書いてます。

作者が亡くなるまでに続きを描けば更新したことになりますし、亡くなるまでに更新できなくても「その気はあった」ということで嘘でもありません。

つまり更新する必要なんて無いんです。

 

更に現在は消されてるんだと思いますが、どこかの作者コメントに「公式は(ベスチャレの)続きのような何かだと思ってください」と書かれていました。

これは作者さんがファンを騙したとかそういう意味ではなくて

「ファンが喜んでくれる」と思っていたんじゃないかと思います。

実際「ユキちゃんに伝わらない」はベスチャレ時代とキャラクターもほとんど変わってないですし

続きのように見えなくもないんですよね、100%続きには見えないですが「続きみたいなもの」には見えます。

 

作者さんの「ユキちゃんと僕が好きだったファンのため」のサービスとも思えるんですよね。

 

つまりCOMICO運営は「残像クライシス(ギャグ漫画)」を評価して、作者杏蜜さんをギャグ作家として公式作家に格上げした。

公式作家(原稿料有り)になると締切もあるし、ベスチャレ(原稿料無し)は描けないだろうから「当面更新することはありません」と断わりを書く。

残像クライシスは読み切り作品なので連載していくには話もキャラクターも薄いから、キャラクターは「ユキちゃんと僕」を流用することにする→「ファンも喜ぶだろうし一石二鳥じゃないか!」

という流れじゃないですかね?

漫画家さんからすれば「描くのは同じ自分」なので、作品がラブコメからギャグに変わっても違和感がなかったんじゃないかと思います。

「さあ!おまえら喜べ!」と公式連載を始めたら炎上です。

 

作者さんは落胆したことでしょう・・・(わかりませんが)

 

それでベスチャレの方は「完結」にして公式に全力投球することにして、お詫び文も掲載したんだと思います。

運営側からしたら「続くと期待されるような文章を掲載した作者」に迷惑をかけられたとも言えると思います。

無給で漫画を描くと言うのは止めれませんが、炎上騒ぎみたいな迷惑はかけて欲しくない。

だから「完結しました」と書かせて、更に「残像クライシスが評価されたから公式作家になれました」とも書かせて火消しをさせる・・・いや、むしろ杏蜜さんが自ら火消をしようとしたのかもしれません。

炎上を起こしたのが自分の発言からだと思えば、「自分で火消をしなければ」と思うでしょう。

 

で、まあ私は思うのですが

炎上はもうやめましょう。

「ユキちゃんと僕」は好きだし面白いですが「炎上」は面白くないです。

 

もし杏蜜さんが「また続きを描きたい」と思ってるなら「読みたい」

「また描きたい」と思っていて欲しい、でも読めなくてもいい。

世の中には「未完」で終わってる名作なんてたくさんあります。

 

「ユキちゃんに伝わらない」は応援したい人だけ応援すればいい。

私は毎週読んでるし、期待は・・・ちょっとだけしてるかな。

「ユキちゃんと僕」みたいな面白い漫画を描いた作家さんならいつかきっと大ヒット作品を描きますよ。

だからもういいや。

 

「ユキちゃん」描きました↓

e0122-2


関連記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事

最近の投稿

More
UA-76146099-1