太い芯のシャープペンシルが流行だそうです

太い芯のシャープペンシルが流行

※この記事は『「太芯シャープペンシル」まるで鉛筆の書き心地…世代超え、勉強に趣味に』というニュース記事を読んで書きました

※記事公開時はニュース記事をリンクしていたのですが、記事が削除されていたのでリンクも削除しました

 

ニュースを見てると「太い芯のシャープペンシルが流行っている」とのことです。

全く流行ってることを知りませんでしたが・・・。

というか「私だけの密かな喜び」くらいに思っていました。

そんなわけないですね、だいたい私はシャープペンシルをホームセンターかコンビニでしか買わないので、

そもそも売れてないものはそこでは売っていません。

というわけで「流行りだから」太芯シャーペンを買おうとしてる君たちに向けて私が太芯シャーペンの魅力を語ろう!!

太い芯のシャープペンシルとの出会い

私が太い芯のシャープペンシルと出会ったのは、仕事の都合で千葉に行った時でした。

今から6~7年前・・・千葉のホームセンターで買いました。

仕事の都合と言いましても、宿泊研修だったので「勉強するため」です、ですから0.5mmの普通のシャープペンシルで良かったんですが「なんとなく珍しかったから」だと思います。

太い芯の優しい書き味が気に入った

書き心地が柔らかかったんですよね、それ以来「太芯(0.9mm)かつ濃さはB又は2B」が私の基本的なシャープペンシルになりました。

でも、大人って何でもボールペンで書きますよね?

ですからシャープペンシルを使うときは基本遊び(公式ではない)の時なんです

ラクガキとかちょっとしたメモとか、たまに資格試験のマークシート用(芯の濃さはHBが指定されていますがBや2Bを使って落とされたことは無いです←責任とれませんので試験にはHBで行ってください)にも使いました。

絵を描かなくてもお勧めできそうだと思います

ニュース記事を読んだところ

>デッサンに使う漫画家や譜面記入に使う音楽家など、プロの愛用者も多い

とか書いてありますが、私は普段から絵や漫画を描いたりしません、そういう趣味もありません。

BLOGを書きだしてからですから去年からですね、BLOGの挿絵(と漫画)を描く程度です。

もちろんいきなり漫画が描けるわけないので、子供のころは好きで良く練習してましたし

オリジナルの漫画も描いたことはあります。

もう20年くらい前ですけどね・・・。(年を数えるのが辛い)

ですから太芯シャーペンを絵を描くために使っていたわけでは無いです。

でも、もしかしたら昔を思い出して「柔らかい芯で絵を描く感じ」を楽しんでいたのかもしれません。

まあ潜在意識的な話なので自覚は無かったです、わかりません。

それでは太芯シャーペンでイラストを描いてみましょう!

0.9mmシャーペンでイラスト
0.9mmシャーペンでイラスト

絵は下手ですがやっぱり柔らかいので描き味はいいです。

イラスト描くのが趣味の人は「太芯シャーペン+濃い芯」はいいと思います。

あと、細く尖った感じではないので、精神的な話ですが「優しい」感触なんですよね

イライラしない。

描き心地が柔らかいと気分が和むといいますか・・・私だけかもしれませんけどね

イラスト描かない人もためしに使ってみて欲しいグッズではあります。

太芯シャーペン使って「文字の練習」とかどうですか?

気分が和むと思いますよ。

私の愛用のシャープペンシル公開

太芯シャーペンセット
太芯シャーペンセット

真ん中に写ってる黒いシャーペンが6~7年前に千葉で買った物です。

考えてみたら長持ちしてますね。

このニュースを機会に

太芯シャーペン愛用者が増えたらいいな。

でも、まあ基本は「絵を描く人」かもしれないですが、

小学校時代に太い線の鉛筆を使って、文字の練習をした経験は誰にでもあると思います。

鉛筆では無くてシャーペンですけど、ちょっと懐かしい気分は味わえると思います。

※たまに芯が切れた時にコンビニで売ってないこともあるので、そこは注意です


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
UA-76146099-1