私が鯨を食べる理由

今日は鯨肉の竜田揚げを作って食べました。

鯨肉ってのは、国際情勢的にも多少は悩みながら食べるハメになります(笑)

~そんなわけで私が鯨を食べる理由~

「子供の頃から食べてて好きだったから」ですかね、無くても生きていけますんで他に理由は無いかも?

「無くても生きていけるから食べなくても良い」ってのは他の食品も同じだと思います。

「トマトは赤くて綺麗だから可愛そうなので食べるの禁止」ってなっても、他にたくさん食品はあるので困りはしないし、ましてや死ぬ人はいないでしょう。

あと私がよく食べるのは「ミンククジラ」なので、ミンククジラは日本が調査捕鯨を始めてから生息数が減少したことはありません。

ですから絶滅の危険性がある動物を食べてるわけではありません。

「知能が高い動物を食べるのは可哀そう」という意見がありますが、これには私も同意です

可哀そうで間違い無いです。

イルカを含む鯨類は(ちなみにイルカは歯鯨類、ミンククジラは髭鯨類で歯鯨類を売ってるお肉屋さんはほとんど無いです、食べたことは無いですがまずいらしいです)鏡に映った自分を「自分だ」と認識できるらしいです。

でもイカも認識できるらしいので、これが高い知能の証拠にはならないでしょうけど、

まあ見るからに賢そうなので高知能動物と言っても反対する人はいないでしょう。

でもブタも高知能なんですよね(鏡像認知できる)

たぶん牛は鏡像認知できないのですが「牛は可哀そうでない」なんてことは無いので

イルカも可哀そうだけど、豚も牛も鶏も可哀そうですよ。

個人的には「鳥」ってすごい頭良さそうに見えるので怖いんですけどね

雌に光るアクセサリーとかプレゼントする鳥もいるじゃないですか?

頭良すぎて怖い。

だから私は一応心の中で差別をしながら食べてるのですが

人間という動物は食べてはいけない(ここで大きな差別)

それ以外の動物は食べてもいい

と考えています。

だから鯨だけでなくて豚も牛も鶏も「可哀そう」と思いながら食べてます。

まあ、「可哀そう」って考えてると私が一番喉がつかえそうになるのは豚です。

豚って肌の感じとか人間っぽいよね。

国際問題にしてまで食べる必要ない」と言う人もいますが

これって世界vs日本だから争いながらも食べ続けられているのでしょうけど

これが日本より国際的な力が弱い国の食文化だったら、抵抗することもできずに「食べるのをやめる」ってことになるんじゃないでしょうか?

そんな差別は許されない

まず「理屈が通ってない」のが前提ですが

その「通らない理屈」を数の力もしくは武力、経済力などで無理やり通そうとすることはやめないといけないことです。

考えないといけないのは「理屈」です。

無理強いでは無いです。

鯨に関しては、日本人の中にも「俺には関係ないから鯨肉禁止で良い」って言う人がいます。

この言葉の問題は「理屈」は無くて「俺には関係ないから強い者に従え」と思う精神だと思います。

「自分に関係なかったら道理に合わないこともOK?」

そんなわきゃあ無い!

まあ難しい話はいいや、

私は子供の頃の懐かしい味だから食べる、月に1回も食べないけどね。

でも死ぬまで食べ続けられたらいいなと思う。

もちろん絶滅しそうだとか数が心配な程に減ってるてんなら食べない。

懐かしいだけで、それ程旨いわけでもない。

私も現代人なので筋肉ばっかりの鯨よりも脂でギトギトの牛や豚の方が旨く感じるのよ。

だけど食べるのはやめない、あと竜田揚げは他の肉より鯨が旨い。

ブロトピ:今日の料理・グルメ情報