宗教を無理にやめさせるのは反対です

某新興宗教について最近ワイドショーが賑やかになってる

時々「宗教怖い」的なことを言う人がいるんですが、まあ宗教の外の人が何を思っても害はないと思うのでそれでいいとして

宗教の中の人は怖いことをしているつもりは全く無いと思う。

私は宗教にハマる人の問題は「宗教にはまりたくなるような世の中」のせいだと思う。

好きにさせてやれよとも思うし、むしろその人がはまってるその団体(宗教)が無くなったら

「その人何して生きていけばいいのさ?」と思う。

それAKB48にはまってる人からAKB48を奪うようなもんだから

あなたが大島優子や前田敦子の代わりになれるんですか!?※今のセンター誰なのか知らないです

可愛いスカートはいて踊れるんですか?

ヲタに熱狂されるくらいあなた可愛いんですか?

ということにAKB教ならなります。

心に開いた穴を埋める方法が無いのなら、そのままAKB48に熱狂してもらっとけば良いし

大〇隆〇を奪ったら心に穴が開く人には大〇隆〇に穴を塞いどいてもらうしか無い。

それが生き甲斐なんだから仕方ない

他人から生き甲斐を奪うな

宗教にしても会社にしても学校にしても「何らかの組織・グループ」なんですよね。

「話相手」だったり、「色んなことを教えてくれる場所」だったり、一人じゃなくなる場所なんだと思います。

人が生きて未来を楽しみにするためには「生き甲斐」が必要だと言います。

生きながら死なないためには、「生き甲斐」が要ります。

新興宗教は目標と仲間を用意してくれる

生き甲斐をつくるためには「目標」が必要だと思います。

目標は「この素晴らしい教えを一人でも多く聞いて欲しい」くらいだと思います。

実際「良い事」を言わない宗教ってのは私は知らないのでほとんど無いと思います。

「良い事」を聞きもしないのはアホです。

アホに「良い事」を聞かせる。

これで目標ができました。

もちろんそこには良い仲間(良い事を良いと言える仲間)がいて、良い事が理解できた人も良い仲間に入るかもしれません。

結構充実してそうじゃないですか?(笑)

当然失敗したり、酷いことを言われることもあると思いますが、苦労も仲間と一緒なら乗り越えられます、素晴らしいじゃないですか!!

結局問題は

この世が虚しいということなのだと思います。

多くの人が何かをすることで死ぬまでの時間潰しをするのですが、その時間潰しが苦痛でならない人だっている

苦痛を取り除くためには生き甲斐がいる、生き甲斐の無い人からすれば、生き甲斐を用意してもらえれば、そこで「頑張れる」と思えるんじゃないだろうか?

「この世は虚しくなんか無い!俺が充実した人生って奴を教えてやる!」なんて言える人がいるだろうか?

居るのならそれも素晴らしい人だとは思うけど

実際虚しいから、日本中(世界中だと思う)でバタバタ自殺者が出てるよ!

自殺するくらいなら宗教にはまってろよ!

 よどみに浮かぶうたかたはかつ消えかつ結びつ・・・

人の魂は泡みたいなもんだと昔の人も言ってるわけで

泡がはじけそうなら、はじけずに済むようにしてもらうしかないんじゃない?

はじけちゃったらもう帰ってこれないトコ行っちゃうからね。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
UA-76146099-1