パリの同時多発テロの件

WS1116

テロ事件の詳細はニュースサイトか何かでご覧下さい。

ニュース等を見ていると、フランスという国はテロ組織には狙い易い国なんだそうです。

まず中東と地続きである、EUなので国境があっても検閲していない

検閲を強化しようにも完全に外国人の流入をシャットアウトするのは不可能。

フランス人(国民)の中にもテロリストがいる。

フランスはシリア空爆の中核メンバー国である。

中核メンバーは<アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、トルコ、イタリア、ポーランド、デンマークの10カ国)

これだけ見ると、ドイツ辺りとはそう変わらないですね。

でも、フランスは歴史的に中東に介入してきた国なので恨みも買ってる国なんでしょう。

※イギリスはフランスより中東から見て遠いし、地続きでも無い

結構根深い問題なんですが

「それで結局中東の人達はどうやったらテロをやめてくれるの!?」って話になると思うんですよね。

つきつめて考えたら「アラブ人全滅まで(本当に全滅しないまでも、抵抗する気力もなくなるまで)」ってことになっちゃうと思うんですよ。

できますか? できませんね? やってもいけませんね?

私は日本人なので日本人として考えさせてもらいますが、ここに深入りしてはいけないでしょう。

日米同盟(安保)反対でも無いし、集団的自衛権反対でもないですが

日本は過去中東諸国に軍事介入していません。

「世界の1国として無視はできない」と思っても、ここにアメリカやイギリス、フランスに追随して深く関わると

100年の戦争に関わることになりかねません。

日本の昔の情勢で例えると

江戸幕府に力を貸すのが正しいのか、長州薩摩に力を貸すのが正しいのか

遠い外国人に正しい判断ができるわけがありません。

結果は長州薩摩の勝ちですが、だからと言って長州薩摩が正しかった証明にもなりません。

関わってはいけない、何故いけないかと言うと間違った判断で現地の人を不幸にするかもしれないからです。

難民への物資の援助とか平和的な支援だけにとどめるべきだと思います。

(難民の安易な受け入れは反対ですが)

テレビを見ていて思ったのですが

アラブ系の人達ってヨーロッパのことを身近に感じてるんじゃないでしょうか?

日本人が韓国に対する感情より”近い”のではないでしょうか?

やはり歴史的に関係が深いのだと思います。

「フランスよシリアを見ろ!」とアラブ人が言ったところで日本人的感覚だと「なんで?」と思うのが正直なところではないでしょうか?

「日本よ韓国を見ろ!」なんで見ないといけないのか意味不明です。

「東京よ埼玉を見ろ!」だと意味が通じます。(「同じ関東圏じゃないか!」とかでしょう)

「東京よ東北を見ろ!」でも意味が通じますね。(「地方に金まわせ」とかでしょう)

中東とヨーロッパは戦争をしあってた仲なので、島国で孤立していた日本とは違うのだと思います。

東アジアでは日本は大東亜共栄圏の件もありますし、このまま「他国のことは知りません」と未来永劫言えるわけは無いと思いますが、中東にもヨーロッパにも紛争のことでは関わりたくないですね。

例えば「パレスチナ問題」ですが

私はパレスチナ側に同情してしまいます。

誰だって住んでた家を追い出されて、狭い自治区に隔離されたり隣国に難民として逃げないといけなくなるのはゴメンです。

だからと言っても日本がパレスチナ側で参戦すればいいとは思いませんし

逆にイスラエルを支援すべきとも思いません。

どちらも軍事的には協力しないという立場でいいと思います。

今思えばアメリカとイラクの戦争の時も「日本は金だけ出して兵隊を出さなかった」と批判されたりしました。

それで良かったような気がします。

ただし、私は「こちらから積極的に関わっていかないほうが良い」と言ってるだけなので

テロリストの方から関わってくることはあるでしょう。

「関わらなかったら日本は安全です」なんて言ってませんからね?

「わかりもしない遠方の国である日本が積極的に介入して、その国の人達を不幸にしてはいけない」と言ってるだけです。

テロリズムの終着点(沈静化できるのか、収集がつかなくなって世界が混乱を極めるのか)はわかりません。

ヨーロッパもアメリカも憎まれているからテロリストの支援者がいるわけです。

憎しみには理由があるでしょう。

憎しみについては考えてみるべきだと思います。