米中対立(戦争?)とか世界の不安定化とか


WS1028

アメリカ軍が中国が領海だと主張している海域に侵入しましたね。

これがどうなるか?

ニュースによると「あと任期が1年しかないオバマ大統領が、強いアメリカを演出して支持を集めたかった」という記事を見ましたが、本当だろうか?

あと1年任期があって、自分の人気取りしたら何かいいことあるんでしょうか?

次の大統領も民主党が支持されるとか?

それって中国と緊張を高める程の動機になるんでしょうか?

そして、リベラル派である民主党支持派のハートをそんなにつかめる政策なのでしょうか?

私はもっと単純な話じゃないかと思います。

つまり、南沙の海域は自由に航行できる海域でないと、アメリカが困る。

それだけだと思います。

商売上の損得だけですね。

ですからオバマ大統領の人気取りではないでしょう(もちろんアメリカ国民が喜ぶ政策ならオバマさんの人気も上がるのであながち間違いでもないですが)

これがどう経済に影響してくるのか?

そして米中戦争はありえるのか?

わかりませんが、アメリカと中国が戦争になったとして

アメリカも中国(≠中国共産党)も儲かる方法ってのもあるような気がします。

つまり流行りのWin-Winですね(笑)

よく誤解されますが、アメリカ軍が戦争を始めたところで中国国民を殺戮しないといけないわけじゃありません。

過去アメリカ軍は日本の国民を殺戮しましたが、あれは国際法上は戦争行為ではなくて虐殺です。

ただの犯罪です。

それで、中国と戦争するにあたって

「中国共産党の軍」vs「中国人」+「アメリカ軍」の形に持っていければ誰も文句言わない戦後が来るのではないかと思います。

アメリカは古くなった武器の廃棄と軍事ショー(武器の売り込み)そして実戦での兵器の性能確認ができます。

中国人は不要になった共産党を排除して、自分たちの国をつくれます。

共産党の指導者達は死んでも誰も困らないんじゃないですかね?

江沢民派の粛清は行われてるようですが、それで国がひっくり返る程の内戦も起きませんし

(良くは知りませんが)中国の指導者層が尊敬されていない証拠ではないでしょうか?

習近平が殺されたとしても(いや、殺す必要はないので大げさに書いてます、スイマセン)

「新しい時代が来た~」って中国国民は喜ぶ可能性は大いにあります。

それ程混乱は無いかもしれませんし、もし大混乱におちいったとしても

それはそれで世界経済に打撃を与えずに、むしろ復興特需で世界経済をプラスで回すようにもできるかもしれません。

アメリカ国民にとって損が起きないためなら戦争するでしょうし、ましてや儲かる話なら前のめりで戦争しかけていくんじゃないですか?

更に言うと、共産党だけが負ける戦争なら中国国民にとっても喜ばしいことになるかもしれませんね。

とは言っても、そんなに簡単なことでもないでしょうけど(笑)

ただ、中国13億人民vsアメリカ軍なんて構図はどこにもない。

そんなことしない、むしろ中国13億人が戦うために向かっていくのは中国共産党・・・ってことに”できれば”すぐにでも戦争は起きると思います。