アメリカを本気で怒らせた中国?

WS1019

うん、軍事のことは何もわからん(笑)

>オバマ政権が発足してすでに6年半が経つが、

>国務長官と国防長官が揃って、これほど強い形で

>中国を牽制したのは、初めてのことだ。

とのことなので本気なのでしょう。

要は11月にも中国が領海だと主張している海域をアメリカ軍の艦が航行しますよ、ということなんでしょう。

ただ、記事を読むと

>われわれは決してクレーマーではないが、これ以上の(中国による)埋め立て、

>建設、土地の軍事活用化を止めさせるために主張していくことにした。

今までの人工島は黙認するのかな?

どうなるのかわかりませんが、一方

WS1019-2

イギリスは「(英中関係は)黄金期」らしいです。

全く根拠のある話ではないですが、ヨーロッパからすれば東アジアってどうなってもいいんじゃないかと思うんですよ。

我々が中東での戦争に不感症になっているのも「遠い国だから」ってのがあると思います。

イギリス辺りの国からしたら、「中国と周辺国は戦争でもしてくれた方が儲かっていい」という感覚もあるかもしれません。

何にしても自分たちには影響の少ない遠い地の揉め事なので「金儲け」以外のことには興味を示さないのではないかと思います。

東アジア情勢に関しては、EU諸国は同じ西側陣営とはいえ味方とは思わない方がいいんじゃないでしょうか?

もちろん中国の味方でもないでしょう。

昔の植民地争奪戦の時代のように領土には興味を示さないだけで、むしりとっていけるとこからむしる。

それが日本でも中国でもインドネシアでも関係は無い。

そういう態度にゆっくりと変わっていく気がします。