猫の飼い方を学ぼう その2

今回は猫を迎える準備をテーマにしたいと思います。

猫を迎える前に心得ておきたいこと

◎性格はみんな違う

◎猫にしつけはできない

  • 「しつけ」ではなく、猫が自ら心地よく使えるトイレなど、猫の好みをなるべく早く把握して環境を整えてあげることが大切です

◎猫は毛が抜ける動物です

  • 春と秋の換毛期に抜け毛をなくすことは無理だと心得てください

◎一生の3分の2は寝ている

  • 性格や成長過程に合わせて好きなようにさせてあげましょう

◎意外にメンタルが弱い

  • ストレスが長期間にわたると脱毛や異常行動など心身に影響を与えます

◎高齢になったら介護も必要

  • 食事・オムツ等

◎まめに行いたいケア

  • ブラッシング
  • 目のケア

◎肥満対策

  • 家猫は肥満になりやすいので1日15分程度一緒に遊ぶ

◎お気に入りの場所を用意

  • ゆっくりお昼寝ができる猫スペースが必要 冬ならば温かく、夏ならば涼しい場所
  • 人の通り道、騒音のある場所、トイレの近くは避ける

◎食事はいろんな食感のものに慣れさせる

  • ドライタイプ・ウエットタイプがあるが、どちらも食べられるようにしておいた方が、病気になった時に困らない

◎子猫のうちからスキンシップをとる

  • 子猫のうちからたくさんスキンシップをとることで、人間と一緒に暮らすことに喜びを感じる、人が大好きな猫になります

梅木官兵衛家の事情

いろいろ書きましたが1日15分も猫と遊べていません、毎日15分ってのは短いようで”必ず”と言われたら難しいですね。

・・・でも私が(猫関係なく)ストレッチしたりしてる時間は一緒にまわりをウロウロしてるから、あれも時間に入れていいなら15分くらいは遊べてるかも?(笑)

人生を共にする猫を選ぼう

今回の記事のメインテーマです

「猫はどこから連れてきますか?」という話。

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • ノラを拾う
  • 保護団体・保健所

梅木官兵衛家の事情

2匹飼ってるんですが、二匹とも我が家の庭まで歩いてきた元ノラです。

雑種(今風に言うとミックス)ですが、結局病気になりにくいし、楽なので雑種で良かったと思っています。

好発疾患

品種改良された品種には好発疾患(かかりやすい病気)があります。

アビシニアン/アミロイドーシス

アメリカンショートヘア/肥大性心筋症

スコティッシュフォールド/骨軟骨異形成症

メインクーン/肥大性心筋症

ペルシャ/多発性賢のう胞

など

オスかメスか

  • オス やんちゃ 活発 甘えん坊
  • メス おとなしい 気まぐれ 自立心が強い

子猫か成猫か

  • 子猫 何にでも興味があるのでいたずらが激しい
  • 成猫 落ち着いてる、運動不足で肥満になる猫が増える

長毛か短毛か

  • 短毛 (飼い主が気にならなければ)ブラッシングはほとんどしなくても良い
  • 長毛 毛玉を吐く頻度が高い 毛球症という病気になりやすい ブラッシングが必要 暑さに弱い

毛球症とは

飲み込んだ自分の毛が消化器官内にとどまり吐くことも便として排出することもできなくなる病気

・食欲不振 ・吐くそぶり(だけ) ・便秘 ・お腹を触ることを嫌がるようになる

◎ストレスから毛球症になることもあるので注意

◎治療方法 薬、外科手術

◎飼い主ができる対策 餌をヘアボールケア機能付きに替える ブラッシング 猫草 ライオンカット等、毛を刈り込む

 

猫を迎え入れる前に揃えるもの

◎キャリーバッグ

動物病院へ連れて行くときに必要です

多頭飼いの場合は1匹に1つ必要

◎ベッド

母猫のような柔らかなぬくもりのある物

◎トイレ

子猫のうちは小さくまたぎやすいもの 成長に合わせて大きい物を用意しましょう

◎猫砂

捨て方等、使い勝手の良い物を選びましょう

◎フード

成長にあったタイプの物を、1日の分量はパッケージに書いてあるので確認

◎食器

フード用・・・安定感のある物

水飲み用・・・ひげが触らない大きさで少し深めが良い

食器は台に乗せるか少し高さがある物の方が食べ飲みしやすい。

◎おもちゃ

狭いところに入りたがる、高いところに登りたがる、猫の習性にあったものを上手に利用する

飼い主と遊ぶ物、猫が一匹で遊ぶ物も選ぶ

◎爪とぎ

ストレス解消になるので必ず用意

猫にも素材や形に好みがあるのでいろんな物を用意した方が良い

◎ケージ

多頭飼いならあると便利(病気の時など)

上下運動できるものならストレス解消になる

◎キャットタワー

ストレス解消になる

◎災害対策用品

首輪・リード・ハーネス

日ごろから慣れさせておくことが大切

◎食器台

猫が座った状態で食べれるように食器を高くするために必要

梅木官兵衛家の事情

首輪・ハーネスはつけてないです。

災害対策と言われたら必要かもしれません。

ただ私個人的には首輪を見てると自分が首を絞められているような息苦しさを感じてしまうので

見た目的にストレスに感じるのでつけることは無いと思います。

餌の食器に高さが必要ってのはこの記事書くまで知りませんでした。

もうウチの猫今年で15歳だけど食べにくかったのかな?

今度台を買ってみようかと思います。

部屋の環境を整える

◎エアコンの風が直接身体に当たらないように注意

◎ベランダに飛び出さないようにする 転落して死ぬ

◎フローリングを舐めるので、フローリングを洗う洗剤やワックスは舐めても安心な物にする

◎狭い隙間はふさぐ 入って出られなくなって死ぬ

◎台所は立ち入り禁止 子供と同じなので危険です

◎水場も立ち入り禁止 転落して死ぬ

梅木官兵衛家の事情

一人暮らしなので風呂場に水ためて放置することはないけど、風呂落ちて死ぬような猫いるんでしょうか?(笑)

注意はしといた方がいいのかな?

その他の危険な物

  • 電気コード 感電して死ぬ
  • 生ごみ 変な物食べて死ぬ
  • 観葉植物 猫にとって有害な植物もあるので食べて死ぬ
  • ポリ袋・ひも 食べて窒息して死ぬ
  • 薬 死ぬ薬を飲んだら死ぬ
  • アロマ・芳香剤 さすがに死なないみたいだが、猫は嗅覚が良いのでストレスになることもあるらしい 飲んだら死ぬこともあるかも?
  • 騒音 ストレスで死ぬ

家の中は危険でいっぱいだね!

※「死ぬ 死ぬ」書いてるのは私が大げさに書いてるだけなので、注意してあげるだけで大丈夫ですよ(笑)

その他 猫のためにしてあげるべきこと

  • 寝場所は静かで安定してる場所
  • 温かい場所を用意
  • 高くて登って遊べる場所を用意
  • 食事とは離れた場所に水飲み場
  • 水飲み場は複数用意すること
  • トイレは猫も静かで落ち着いた場所でしたいです

多頭飼いの注意点

メリット

  • 猫に遊び相手ができる
  • とにかく2匹で楽しさ2倍

デメリット

  • 先住猫にストレスがかかる
  • 仲良くなるとは限らない(最悪どうやっても多頭飼いできない場合もある)
  • 病気が他の猫にうつる
  • お金がかかる(病院代が2倍)

最悪な組み合わせは 高齢猫x子猫

成猫(若猫)x子猫くらいなら子猫のめんどうをみたりするので、そこまで相性は悪くない

先住猫がいる場合の対面手段

  • 慣れるまではケージ越しで対面
  • 逃げ場所をつくる 新参猫が逃げて隠れる場所も用意
  • 飼い主がケンカに介入してばかりではいけない でも介入しないといけない場合もあるのでよく観察すること
  • 先住猫を優先する 人間の子供と同じで、最初は愛情を奪われたようで寂しがりますが、飼い主の愛情が変わってないことを理解したら、心に余裕ができて新参猫を可愛がるようになりやすい

梅木官兵衛家の事情

最悪の組み合わせの老猫x子猫です。

新参猫はケージで2カ月すごしました。

途中「もう無理かも?」と思うくらい古参猫は威嚇してましたが、2カ月でなんとかケガをさせない程度には慣れ、それから半年くらいかけてゆっくり仲良くなりました。

古参猫はもともと穏やかな猫だったので意外でしたが、多頭飼いって年寄猫には難しいものなのだと思います。

ケンカばかりされると飼い主にもストレスになるので、多頭飼いを予定してる人は、3歳くらいまでに多頭飼いにした方が良い気がします(我が家は12歳で多頭飼いになりました)

それでも相性が悪い場合は?

それでも相性が悪い場合は新しい飼い主を探すしかありません

動物病院の選び方

◎自分(飼い主)と相性のいい先生がいるところ

梅木官兵衛家の事情

結局診察してもらわないとわからないので「こういう動物病院を選べ」なんて基準は無い気がします。

家の近所の先生に飼い猫を良く知っておいてもらって、いざと言う時にはすぐかけこめるようにしておく、「近所」と呼べる範囲に主治医を作る、大事なことだと思います。

私の友人で毎日20日間通院してその結果猫は亡くなった・・・という人がいますが

結果は残念ですが、彼が通院できたのも毎日通える範囲に主治医がいたからです。

ちなみにお金は人工透析に一日1万円かかったと言っていた記憶があります。

彼の場合お金は困らなかったのですが、「猫の為に頑張ってやれた」という点で満足していました。

家から遠くても30分程度で行ける距離の病院がいいと思います。

猫が幸せに暮らすために飼い主が心がけること

猫の行動は猫が決めます

  • 遊ぶかどうか決めるのは猫
  • 抱っこしていいか悪いか決めるのは猫

気分がノってなければ遊ぶのは中止です、猫の好きにさせてあげるのが猫にとっても飼い主にとっても結局は幸せにつながります。

※私的には「中学生の子供がいるようなもの」くらいに思って好きにさせるようにしています

参考にした書籍

はじめてでも安心!幸せに暮らす猫の飼い方

新品価格
¥1,296から
(2017/6/13 19:28時点)

学習マンガ 猫を飼おう 第2話

1話のあらすじは

二人暮らしの兄弟が猫を飼うことにしました。

です

キャラクター紹介

弟 銀次郎(ギンジロウ) 無職 まだ20代だと思う

猫は大好きっぽい

猫の飼い方を学ぼう2

 

兄 拳(ケン) お仕事は何かしている

たぶん30代前半

猫の飼い方を学ぼう2

 

おそらく毎回1ページしか描かないので、永遠に意味がわからないままかもしれない漫画です。

兄弟の名前は「兄弟拳バイクロッサー」という特撮ヒーローの主人公からもらっていますが、関連性は無い(パロディでは無い)

兄の職業は正義の味方ではないが、若干似たようなものかも?

猫の飼い方を学ぼう2

 

 

関連記事


 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
UA-76146099-1