元気の無いおっさんはゴーヤを喰え!

暑くなってきたし苦いゴーヤが食べたくなってきました!

私はあの苦さが好きなのですが中にはあの苦みが苦手な方もいるもよう。

そんなあなたに苦みを取る調理法なんかを伝授したりせずに苦いまま調理いたします!

めんどくさいし、そもそも私は苦いのが好きだからな!

ゴーヤの栄養でも調べてみましょうかね

なんだか「胃にいい」とか「糖尿病の予防になる」とか書いてありました。

うん、どうでもいい!

もういいや、とにかく調理します。

ゴーヤの相棒は?

余ってたパプリカ(黄色)

苦いゴーヤと甘いパプリカ・・・ちょっと嫌ですけど余り物は優先的に食べていかないといけません。

それと豚肉(これも余り物)

料理方法は?

いつもは塩味で炒めるんですが、「パプリカの甘さに塩」ってのがちょっと美味しくないような気がしました、ピーマンなら迷わず塩でしたけどね。

そんなわけで「醤油」にします。

ゴーヤとパプリカを刻んでフライパンで炒めながら

醤油(大さじ2)+酒(大さじ2)+みりん風調味料(大さじ1)+酢(大さじ1)を投入

この調味料の割合は何を作った時に始まったのか覚えてないですが私が多用する味付けです。

鶏レバーの味つけだったかな?まあ忘れたからいいです、私は塩でなければいつもこの味付けです。

完成!

DSC00484

感想

ゴーヤの苦みが旨かったです。

気分の問題かもしれませんが、ちょっと元気になりました。

「夏バテにはゴーヤ」ってよく言いますもんね。